「んで君には何ができるの」社会に出ることが正しいんじゃないと思う。

2018年が始まり、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

私自身、新しい環境に飛び込んだり、2018年が楽しみというよりはその先の2019年が楽しみになってきています。

 

最近は会社で仕事をしています。

具体的に何をしているのかというと、記事を編集して世の中に送り出す仕事をしています。

まあ編集者ですね。

ニュースがないか血眼になりながらパソコンをいじっています。

これまでフリーランスのジャーナリストになるとか、

子どもジャーナリストとして活躍するとか、

学生ジャーナリスト連合をつくるとか、

世界6大陸に通信社をつくるとか、

 

 

さまざまな夢を吐いてきました。

以前から、文字を書くことがもともと好きで、独学でずっと活動をしてきました。

ゴミ山取材を行ったり、難民取材企画を立ち上げたり、講演会したり、

Webメディアを立ち上げたり、電子書籍を出版したりと、いろんな活動ををしてきましたが、

もっと、成長速度を高めないと、このままじゃ叶わねえなって思ったんです。

 

 

自分の夢が叶わないリスクをヘッジできないこと、

 

脅威を潰すための行動をしているわけです。

結局、「我」で、

がむしゃらにやっても成果はなかなか出ないことを2017年は教えてくれました。

だから、

 

 

今、自分の弱みとなるものを潰すために仕事をしています。

まさに、修行です。

 

 

んで、電子書籍を出版したり、取材に行ったりしてきた私ですが、

ほぼ毎日のように記事編集をしていると、たくさん指摘していただけます。(悔しいながら笑)

 

(指摘していただける、面倒をみていただける、これだけでも十分な価値をもらっているので、早く強くなりたいです。まじ前向きにいつも感謝をしています。)

事実確認の甘さ、固有名詞の確認作業、キャッチアップしたネタが使えない、表現がくどい、

主観が入っている、極めつけは、

「語彙力がない」

ご、語彙力がないだと・・・・。

はう。

 

 

 

 

 

そう、毎日頭を抱えながら、四苦八苦しているわけです。

 

何が言いたいのかっていうとさ、

大変なんだよね。笑

 

できると思ってたことができないって自覚することになるし、

できないところはどんどん指摘されるし。

 

でもね。

自分ができることって社会で通用するのかな。

 

 

私は自分の強みに「文章を書くことができる」をあげています。

弱みには「ビジネスモデルの知識が浅い」「編集者としての能力がない」などをあげています。

 

 

これ弱みであげているのに、改善するための行動を取っていないって、

夢に対して脅威すぎる。

文章を書くことができるのはいいけど、

 

それでいくらの売り上げを出すことができるのか。

 

ここに大きな意味がある。

価値があるのなら、そりゃあ売れるし、価値がなかったら売れない。

ユーザーがお金を払ってもいいコンテンツにしないと、

結局は長続きしない。

生活もできないし、新しい事業を作ることもできない。

 

 

 

理想と現実のギャップ。というよりは、これを本質的に捉えきれない。

 

でも、もっと感じたのが、

自分を自分の”ものさし”でしか、測ったことがないことを、理解できていない事実なんですね。

 

 

流行りのブーメランですね。これでもかってくらいの会心の一撃。

なんだか俺すごいって。いけんじゃねって。

 

自分だけの世界観、価値観で歩んできた故に。

 

 

この前会って話した人から、

 

 

「別に今すぐ辞めてもいいけど、死ぬほど人格否定される経験が成長に繋がっているから続けている」

って話す人がいた時には、圧倒的な成長の格差、夢を叶えるための行動格差を感じた。
それぐらいやらなきゃいけないねって、同年代の彼を尊敬した。

 

かっこいいじゃん。

 

 

あ、こういう人が夢を叶えるんだって思った。

 

めちゃくちゃ苦しいし、

大変だし、

でもそうじゃなくて。そこでモチベーションが上がらないとかほざいているんじゃなくて

本気の人は夢を叶えるために血反吐を吐く努力をするんだと思うんだ。

 

 

 

なぜかというと、成長をしないと今すぐ叶えられないことを知っているから。

そのために、主観的な能力の分析、強み弱みの分析だけじゃなくて、

客観的に自分を分析するべき。

 

そこから、さらに結果にダイレクトに影響するものを潰すために動く必要がある。

 

 

インプットは大切だけど、アウトプットして価値を判断しないと、効果測定しないと。

ドラクエだったら、ライデイン覚えましたとか、火炎切り覚えましたとか、

やっぱり実戦で使わないと評価できないし、

どれだけ自分に、

その技に価値があるのかわからないでしょ?

もっと社会にベクトルを向けよう。

客観的に、自分の価値を見つめよう。

適切な分析をしよう。

んで、できれば、

苦しい体験をしよう。

そういう環境に身を投げよう。

頭が疲れすぎて疲れたってなろう。

皆さんは今の環境に甘えていませんか?

 

居心地がいいだけですか?

 

最近いつ苦しみましたか?

※書きなぐりました。

 

ではまた今度。

(文/だぐち)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です